報告・連絡・相談 アフター勉強会

2009年6月2日

アフター勉強会がございました。
本日は報告・連絡・相談の復習、応用編ということで勉強会が開催されました。

20090603-h1.jpg 20090603-h2-.jpg
アフター勉強会とは、業務終了後に行われる、リセラの社内勉強会のことで社員が講師になって勉強会を行います。
今回は特別に専務の奥迫が講師を務めました。

「報告・連絡・相談」はまさに社会人としての基本。

どんな仕事、業種であっても必ず必要であり、これができているのとできないのとでは大きく差が出るということは皆さん周知の事実ですが、今回はこの報連相をさらに掘り下げての勉強会でした。
まず第1に返事です。
返事ができる会社とできない会社では業績にも差が出るそうです。確かにタクシーに乗った時でも返事があるかないかで全く違う印象に映ります。
そして「上司の関心ごとを把握した上での報告が有効である」ということを教わりました。
報告も、上司の関心が高いものには良い報告を、上司の関心の低いものに関しては結論中心で簡潔に述べるという報告の使い分けを学びました。
20090603-h3.jpg 20090603-h4.jpg

次に報告で大事なことを10の項目に分けて教わりました。

?上司の大まかな指示を具体化する
?結果が出るまでに1週間以上かかることは中間報告を入れる
?ダラダラ報告しない
?曖昧な言葉でごまかさない
?悪い報告はすぐにする
?状況と対策を考えたうえで報告する
?うまくいかないことがわかったら失敗する前に報告する
?部下からきちんと報告してもらえるようにする
?ちゃんと報告・連絡・相談しない部下は厳しく叱る
?緊張感を持って仕事をする
そして2度目のありがとうが感謝しあえる環境を作っていけるということを教わりました。
緊張感とメリハリ、その両方が会社という場所には必要であるということもよくわかりました。
改めて振り返ってみて、日々の業務の中で抜けていた点、足りなかった点が思い返されます。
報告・連絡・相談は、社会人として当然であると思いますし、自分がしっかり実行できているかを見直すよい機会になりました。
そして、社員間だけでなく、お客様からも信頼していただくために、今回学んだ事を活かしていきます。

【営業部主任:城嶋 友太】