フラワーアレンジメント教室

2010年1月29日

 

フラワーアレンジメント教室が開催されました。

講師は第一回ミセス日本グランプリ50代部門で入賞された花尻 実宝子さんです!

花尻さんは、フランスに留学し、フラワーコーディネイトの巨匠フランソワ・ガルニエ氏に師事し、その美しさに加え、稀に見る美的センスとトークセンスの持ち主です。

通常1回の教室で1名3万円の講習を行っておられますが、ドクターリセラ社員の美意識・品格の向上を図りたいとの想いを汲んで頂き、当社に足を運んで頂き、教室を開いて頂けるお話になりました。

雨で足元の悪い中、たくさんの真っ赤なバラをお持ちいただき、お越しいただきました。

有難うございます。

 

当社の講習会場にて行なわれましたが、バラが部屋に運ばれたと同時に、部屋中バラの良い香りが広がりました。

1人ずつ、本日使用するバラを取り分けていきます。

 

いよいよ、花尻講師と、アシスタントの桝井(ますい)さんのもと、フラワーアレンジメント教室が始まりました。

まずはバラについてお話をききました。

赤いバラの花言葉は「愛」です。

今回は、バレンタインデー前ということもあり、バレンタインに大切な人にプレゼントしたくなる、可愛いハートのフラワーアレンジメントを作ることになりました。

 

いよいよ作成開始です!

まず、箱に素敵なリボンを巻きました。
そして「オアシス」という水をたくさん含む給水スポンジを、箱に合わせたハート型に切っていきます。
これがなかなか難しく、皆さんだんだん無口になっていきました。

そして花を挿していきます。
はじめに、作品を作る際に1番好きなバラを1本決め、1番目立たせたい位置(フォーカルポイント)を決めます。

そして、順に思いのままにバラをさし込み、作品を作っていきます。

 

フラワーアレンジメント初心者が多く、花を飾る位置や、バランスなどとても苦戦しました。

 

完成です!

 

とっても可愛く、同じものを作るにも、出来上がりは個性がでて、一つ一つ違う作品にみえました。

 

今回、直接お花に触れて、1つの作品を作ることでデザインする難しさや、花に触れる楽しさを学びました。本日学んだことを仕事にも活かしてまいります。

花尻実宝子さん、ありがとうございました。
次回も楽しみにしております。

【制作課 清水杏理】