社長とのお食事会(広報制作部・製品管理部)

2010年12月22日

広報制作部と製品管理部の社長とのお食事会が行われました。

なんと、リセラ史上初となる役員4名が全員参加という快挙を成し遂げました!

乾杯の挨拶は、web担当の城嶋が努めました。

なごやかなムードでスタートし、続いて一人一人の今年頑張ったことアピール、そして部下・上司が頑張っていたことの発表です。
一人の持ち時間は2分間で、その前後10秒をオーバーしたり、短かすぎたりすると指導料200円を支払います。

なのですが・・・
熱い熱い部署であるため、全員が制限時間を守ることができず、一人30分近く話して指導料1000円を支払うことになりました。
普段一緒に仕事をしている仲間の良いところを話し出すと止まらず、先輩にほめられて涙する場面もありました。

それを見て、役員の方からも、チームワークが良く、元気で勢いのある部署だという風にお褒めの言葉をいただきました。

次は、社員より役員に対しての質問大会です。
「広報制作部への人員増加は考えておられますか?」
「私たちを一人一人褒めてください!!」
など普段は聞けないことを、ここぞとばかりに質問しました。
質問に答える役員にも制限時間があり、それを守れないと、もちろん指導料500円です。
こんなに長い時間、役員全員のお話を直接聞ける機会はほとんどないので、全員真剣に聞き入りました。

ビックイベント

そして、お食事会恒例のビックイベントでもあるシェアジャンケンです。
皆さんからお支払いいただいた本日分の指導料をかけて、全員でジャンケンを行います。
出席者全員が、持ち時間をオーバーしてしまったため、集まった指導料はなんと・・
1万円です!!!

伸びている会社ということで、シェアジャンケンのトレンドは『パー』です。
それを確認したうえで、「最初はグー!ジャンケンポン!!」
全員がパーを出しましたかと思われましたが!なんと取締役の手嶋だけがチョキを出し、1回で勝負が決まりました。

1万円の使い道は・・・

夢を買うということで全額を宝くじ購入にあて、もし当たったらこの場に集まった全員で分け合うということになりました。
手嶋取締役、ありがとうございました。
そして製品部の高田が、宝くじ購入係を任命されました。
当たることを心より願っております。

最後の締めの挨拶を取締役の手嶋からいただきまして、お食事会は終始なごやかな雰囲気で終了いたしました。

素晴らしいひとときを過ごさせていただき、これからも更に頑張ろうという気持ちになりました。
本当にありがとうございました。

広報制作部 飯田和沙