研修旅行 2班1日目

2011年3月10日

私達2班は4日~6日の3日間で研修旅行へ参加させていただきました。、

ネッツトヨタ南国株式会社様

初日は、高知県のネッツトヨタ南国株式会社様へ行ってきました。
 
社長の奥迫が、「リセラの求める未来像と近い!」ということで、私たち社員を連れて行ってくださいました。 
ネッツトヨタ南国株式会社様は、日本経営品質賞を受賞されているすばらしい会社で、私たち2班はその取り組みに責任者として関わられた大原光秦様よりお話をして頂きました。 
現在大原様はネッツトヨタ南国様から独立され、ビスタワークス研究所として、ネッツトヨタ南国様の採用や学生のキャリア支援をされていらっしゃいます。 

お客様に喜んで頂くために

今回自社で実際に行われている取り組みをたくさん教えて頂きました。 
その中で私が印象的だったのが『事情型ではなく、目的型で動く』ということでした。 
例えば、「お客様にお茶をださないといけない!」と思うのではなく、「お客様に喜んで頂くために!」と動くことが大切だと教えて頂きました。私たちが着いた際にも走って迎えにきて頂いたり、お客様が来られた時には、皆様走り回って接客をされたりしていました。 
普段、私もリセラで「何のために」という事を教えて頂いていますが、ネッツトヨタ様ではそれを社員が自ら考えて行動しているというのが本当にすごいと感じました。 

社内見学

社内の見学も業務中にも関らずさせて頂き、どこを見てもピカピカで工場内もお客様をいつどんな時でもサービスできるよう御影石でできていました。 
そのピカピカの社内を維持するのも、掃除場所など決めず、社員が自ら「お客様のために!」と動いているそうです。 

社外活動

またネッツトヨタ南国様では社外での活動も多く、地元に根付いたイベントもされていらっしゃいます。過疎化が進む高知県で地元の方が地元で働けるよう人材育成をしたり、高知県全体が良くないといけない!ということで「高知県を元気にするんだ!」と意気込んでいられました。 
それを聞いたときに、当社の通販部がある島根のコールセンターと被るものがありました。 
島根も過疎化が進んでいますが、その中でコールセンターは5年後100人のコールセンターを目指しています。その時に、私たちも地元がイキイキして元気になるように、私達が島根県をより良くしていきたいと感じました。 
 
今回、トヨタネッツ南国様では今までの考えが大きく変わる、本当にすばらしいお話を聞かせて頂きました。学んだことをリセラで活かし、より成長して参ります。 

【通販部 山下京子】