島根農業研修 二日目

2011年5月16日

 

本日は農業研修二日目です。

昨日まで数日間雨が続いていたのですが、本日は非常に良い天気です。まさに農業日和となりました。

まず光善寺まで皆でジョギングをしました。そして光善寺では、一緒にお経を読ませていただき、「縁起」という言葉について教えていただきました。その内容は「今の自分があるのは周りあってのことであり、それは当たり前ではない。周りが自分という人間を認めて下さっているおかげで、現在の自分は存在する」というものでした。

すごく深く、良い言葉だと感じました。それと同時にもっと自分の周りの方々へ、感謝の気持ちを持てる人間に成長しようと感じました。

農業体験

そして江津パーソナルビューティーセンターに移動し、朝礼に参加いたしました。その後代表の奥迫の実家に戻り、いよいよ農業体験のスタートです。

まずは皆で畑の草抜きを行いました。皆で力を合わせることで、たくさんの草を抜きました。

そして昼食をとった後女性チーム、男性チームに分かれ田植えを行いました。全身農業スタイルで気合十分です。

田植えはなかなかの体力仕事で、非常に集中力のいる作業でした。

田植えを自ら体験したことで普段私たちが何気なく食べているお米一粒一粒の苦労を体で理解できたと共に、「食」の大事さについて改めて考えるきっかけになりました。

夕食

その後、朝お世話になった光善寺のお掃除を行い、夕食を作りました。

そして二日間お世話になった宿舎の掃除を全員で行い、今回の農業研修でお世話になった奥迫家の皆さんに感謝の気持ちを伝え、島根を出発致しました。

私は今回の農業研修でたくさんの学びを得ることが出来ました。

その中でも特に「実体験の重要さ」を感じました。今回の研修で田植えなどを自分が体験することで「食」の大事さについて更に実感することが出来ました。何事も体験することで見え方などが変わってくると思います。私は今回の経験を生かし、今後もっと人間として成長していきます。

新入社員 中谷駿志