2011年7月14日

スーパーホワイトマスクの工場へ・・・

 

自然豊かな環境

いつも弊社製品をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。企画開発の中西です。

この度は「スーパーホワイトマスク」を作っている工場へ撮影に行ってきました。

三重県三重郡は、鈴鹿山脈の麓の自然豊かな環境のなか(今の時期はホタルも飛んでいる)、『スーパーホワイト』は作られています。

クリーンルーム

工場は「クリーンルーム」といって、ホコリ、菌も入らないとっても清潔な環境で行われているため、まずはクリーンウェア着用と、髪をまとめ、手を洗います。

 

それでは、「いざっ、潜入っっっ!!」

本来工場は、企業秘密がたくさんあるため、見学や撮影はお断りされるケースが多いです。

しかし、「お客様に安心していただきたい」また、「より多くの方へ知っていただけるのであれば」と快くお返事を頂きました。

本当に感謝いたします。ありがとうございました。

そして、見て下さいっ!このこまやかな作業!!写真では分かりにくいかもしれませんが、あの、マスクにあたる「バイオセルロースシート」を1つ1つ丁寧に、手袋をして手作業で折畳んでいます。

それをまた1つ1つ、しっかり袋へ入れて行きます。愛情がたっぷりつまっています。

たくさんの工程を、1つ1つを丁寧に行っているため、1日約4000枚の製造となるそうです。す、すごいこだわりです。

つづきまして、充填作業と、チェック作業へ移ってまいります。ここで初めてバイオセルロースシートの『マスク』と、フラーレン、APPSはじめとする『美容成分んたっぷりの溶剤』が一緒になります。

『スーパーホワイトマスク』となる瞬間です!

チェックはとっても根気と集中力が必要です。写真は印字のチェックを行っておりますが、この後も重さ、傷、ロット番号、菌の検査などなどたくさんの、安全チェックをクリアしてようやく出荷となります。

まだまだ見どころはあり、1度にお見せできないのがとっても残念ですが、本日の撮影を今後、色々な形でお伝えしてまいります。楽しみにお待ちください。

今回、訪問をさせていただくことで、作っている皆さんの丁寧で繊細且つ、愛情あるこだわりに感動を致しました。また、さらに『スーパーホワイトマスク』に愛着が湧きました。

今後も製品にはこだわりをもち、より多くの方へ安全で結果が出るものをお届けできますよう努めてまいります。

撮影にご協力頂きました皆様、誠にありがとうございました。        【製品企画:中西 たまえ】