農業研修 二日目(第二班)

2012年5月23日

光善寺

二日目が始まりました。

朝6時から光善寺に行きました。

住職さんから大事ことを教えて頂きました。

「自分が存在するのは相手がいるから」というとても深いお言葉を聞き、あらゆる方々に感謝をして日々生活しようと改めて実感いたしました。

朝ごはん

光善寺から帰り、朝ごはんを作りました。

朝ごはんの献立はご飯、味噌汁、ウインナ 卵焼きでした。

これから始まる仕事のために皆満腹を…

いよいよ9時半から作業を始まりました。日焼け対策を徹底的に行いました。

コケ

まずコケのお手入れを行いました。 

皆は真剣に取り組んでいました。

次は二組に分かれ、

苗のハウス

苗のハウスの片付けと苗育て用のプラスチック板を洗いを行いました。

作業中虫に驚きましたがまた勇気を持って続きました。

米を収穫するには本当に社長のお母様がおっしゃった通り八十八の手間が掛かります。

作業も楽しくて時間がアットいうまに経ちました。

時間を合理的にするため作業がまず終わった人は昼ご飯の準備をしました。

メニューは焼きうどん、卵スープでした。

皆体を動かしたためだか昼ご飯は特に美味しく食べました。

田植え

昼から本番の田植え作業を始まりました。

皆楽しみの気持ちでいっぱいでした。

いよいよスタート皆先を争いながら田に入りました。

田にはもう私たちが植えやすいように田に線を引いておきました。

いろいろな準備をしていただいた社長の家族に深い感謝の気持ちでいっぱいでした。

そばでずっと私だちを見守ってくれた奥迫室長、「田植えの作業は仕事するとも同じく先読

みが重要ですが後ろを繰り返してみることも大事」という言葉に心が打たされました。

私たちの日々の細かい経験が全て仕事に繋がることでした。ありがとうございました。

二村からリセラの創業期の物語をたくさん聞きました。

私たちはお客様、役員、先輩達のおかげでこのような

農業研修ができたことを心に掛けて参ります。

皆さんの指導のおかげで田植えは大成功しました。

中華料理

晩ご飯は中華料理を中心にしました。

皆の期待に応えてマーボ豆腐、餃子、中華式サラダが出来上がりました。

おいしい晩ご飯を食べ終わり、一生の思での農業研修が終わりました。

今回農業研修を通じて、代表が私たち社員への思いはどのぐらい深いかを肌で感じました。研修のために立てた素敵なログハウス、また代表の家族のいつも聞こえる笑い声、私たちまで幸せな雰囲気に囲まれました。

今回このような研修に行かせていただき本当にありがとうございました。

作成メンバー:河野 あつみ、安倍 紗由理、金 賢順