2013年4月27日

 

全社員ロープレ大会が行われました。

このロープレ大会とは、弊社の年間行事のひとつで、日頃のお電話対応やお客様とのトーク術などを披露し、先輩・後輩、また部署の垣根を越えてお互いの良いところを学ぶことのできる絶好の機会です。

そして何より、お客様へよりよい対応が出来ることを目的として、社員が渾身のロープレを行います。

東京支社、福岡支社、江津カスタマーセンター、銀座サロンはTV会議システムで繋ぎ、画面越しに参加しました。

今回は、サロン部門、事務部門、ダイヤルエステ部門、サロンサポート部門の各部門より選抜された代表者が全社員の前でロープレを行い、最後に投票にて選ばれた優秀社員が表彰されます。

サロン部門トップバッターは銀座店の喜多です。

初めてご来店されたお客様に、肌の仕組みや肌再生理論を丁寧にわかりやすくお伝えしました。

続きまして、大阪店の坂上です。

目の前のお客様のことを考え、お客様に本当に合った提案をしました。お客様役の村尾の演技力も光りました。

続いて、事務部門の発表です。

1人目は、サロンサポート推進の天井です。

男性だとは思えない聞く人が誰でも安心するような優しい声で、さすがベテランの対応でした。

続いて、オーダー課の福田です。

落ち着いていながらも、感情のこもった丁寧な対応と、要望に沿えないかもしれないという仮説思考から、

お客様のことを第一に考えた代案を提示するという素敵な対応をしていました。

事務部門最後は、美肌相談室の千田です。

肌相談という先生のお悩みを聞き出し解決するという難しい部署ですが、お客様の気持ちに共感し、

お客様の悩みを細かく聞き出そうという丁寧な姿勢を披露しました。

続いて、ダイヤルエステ部門トップバッターは本位田です。

明るく明瞭感のある声で聞いていて清々しくなるような好感のもてる対応でした。

続いて尾田です。入社1年目とは思えない頼もしい発表で先輩社員も驚く成長ぶりでした。

最後に刈茅です。

電話であるにも関わらず感情が伝わってくる対応で、お客様を安心させるフレーズを使い日頃のお客様に対する姿勢が伝わってくる発表を披露しました。

最後にサロンサポート部門です。

鶴川、野崎、片柳、岩室、恩田の順に行いました。

自らの体験談を交えながら情熱的に自社製品を語る鶴川の姿に会場は惹きこまれました。

野崎は先生だけではなくスタッフ様のモチベーションまで考えたトークが魅力的でした。

片柳は、熱く攻めている中に冷静に先を読んでお客様にとって必要な情報を提供していました。

熱いがゆえにこの人に任せたいという安心感を与えてくれる商談でした。

岩室は、お客様から情報を引き出そうと様々な質問を投げかけ、サロンの状況を整理しお客様にあった商談を行うことに力を入れていました。お客様第一の姿勢が伝わってきました。

最後に、恩田です。

インストラクターとして、お客様との会話の中からスムーズにサロン様の情報を正確に聞き出し、サロン様が抱えている課題を解決しようとしている熱心な姿勢が伝わりました。

各部門の発表が終わり、最後に2013年度新入社員8名の自己紹介が行われました。

それぞれが短い時間の中で、インパクトのある自己紹介を意識し、先輩方に覚えて頂けるように工夫を凝らしました。

表彰

そして、全社員による投票が終わり、いよいよ部門別優秀者の発表です!

まずサロン部門では、大阪店の坂上が表彰されました!

若いお客様に対し、お客様の未来まで考えた提案をしており好感が持てました。

続いて事務部門より、千田が表彰されました!

サロンの先生の悩みを解決するという難しい業務をこなしている成果が出た結果でした。

そしてダイヤルエステ部門より、刈茅が表彰されました!

感情のこもった「ありがとうございます」が決め手でした。

最後にサロンサポート部門より、鶴川が表彰されました!

誰にも真似のできない自分だけの体験談を織り交ぜた営業トークに誰もが聞き入りました。

毎年ロープレ大会を行っておりますが、年々レベルが上がっており、投票も非常に難しくなっております。

4月に入社し、現在ロープレの研修を行っている新入社員の私にとって、先輩方のロープレはとても勉強になりました。

先輩方に少しでも近づけるようこれからも努力して参ります。

【2013年度新入社員 加治屋夏希】