第2回トップオブリセラクィーンアワード2016

2016年6月4日

東京ミッドタウン

「第2回トップオブリセラクィーンアワード2016」が東京ミッドタウンにて開催されました。

このアワードは、お肌が変わって人生が変わり、外見だけでなく内面も素晴らしく生きる女性を表彰する、5年に1回のビッグイベントです。
今回は、全国66,471件(2016年2月末現在)の数ある症例の中から、厳正なる審査の結果、10名の女性がエントリーされました。

かつては人前に立つこともままならないほど、肌にコンプレックスがあった方もいらっしゃる中、“同じように肌で悩む女性に希望を与えられるなら・・・!!”と勇気を持って出場してくださいました。

総合司会は、フリーアナウンサー魚住りえさんです。

会場内に、緊張が立ち込める中、ヴァイオリニスト「川井郁子様」の演奏でスタートしました。
実は、この川井様もドクターリセラ製品のご愛用者の一人。
輝くお肌で、鳥肌が立つほどの力強く感動的な演奏でオープニングを飾ってくださいました。

つづいて、弊社代表取締役 奥迫哲也よりご挨拶。

審査員には、大人気作家 林真理子様、クウネル編集長 淀川美代子様、婦人公論編集長 横山恵子様など、名だたる方々にお越しいただきました。

いよいよ、最終審査のスタートです。
トップバッターは、エントリーNo.1
千葉県 セントロイスシエル 新屋富じ江さん(73歳)です。

エントリーNo.2
福岡県 サローネファミリア
児島菜美さん(28歳)

エントリーNo.3
大阪府 ファニービー茨木本店
今田尚子さん(42歳)

エントリーNo.4
大阪府 アフェクション
出原加奈子さん(38歳)

エントリーNo.5
愛知県 コミニケーションスペース シェ・アティレ
則武友予さん(51歳)

エントリーNo.6
兵庫県 サロン・ド・ボヌール
井上好子さん(67歳)

エントリーNo.7
宮崎県 グラン・セノーテ
桑畑泰子さん(64歳)

エントリーNo.8
山口県 サロン ド カイ
光田恵美子さん(52歳)

エントリーNo.9
千葉県 マリーアンロイス
東中尾優子さん(44歳)

エントリーNo.10
岐阜県 キレイ処 岐阜店
後藤晴美さん(42歳)

以上、10名の感動ストーリーの発表が終了しました。
そこから、審査員により厳正なる審査が始まります。気になる結果は、イベントの最後に発表です。

つづいて、「家族も幸せ!アクアヴィーナス スキンケア ファミリーストーリー」の紹介です。
まずは、愛知県ラッセルスイートの泉井奏穂ちゃん。

乳児湿疹がひどく病院にいっても治らなかったジュクジュク肌が、アクアヴィーナスを使用して、驚くほどのつるつるお肌に生まれ変わりました。
当時赤ちゃんだった奏穂ちゃんも5歳になり、プリプリお肌のとっても可愛い女の子に成長されていました。

二人目は、埼玉県プライベートサロンViageの村上琥羽くんです。

ひどいアトピーに悩まされ、夏は膿み、冬は乾燥し、常にかゆみとの闘いだった琥羽くん。大好きなサッカーも夏場はお休みし、やりたいこともできない生活を送っていました。

悩みがなくなった今、「将来はプログラマーになりたい」と力強く話しており、会場は驚きと希望に満ち溢れました。

つづいて、ご来場者もとても心待ちにしていた、作家 林真理子氏×常務取締役 城嶋杏香によるスペシャルトークです。
「女性の美」をテーマにお話しいただきました。

その後、第1回ミセス日本グランプリ 花尻実宝子様に登壇いただきました。
その美しすぎるお肌とプロポーションに皆が見とれる中、なんと、御年60歳で還暦を迎えると聞き、会場はどよめきました。

すぺてのプログラムを終了し、残すは結果発表です。
・トップオブリセラクィーン ダイヤモンドプライズ
・リセラクィーン サファイアプライズ
・リセラクィーン パールプライズ
・クウネル賞
・婦人公論賞
以上、5つの賞がございます。
肌の美しさはもちろん、内面も輝いていらっしゃる方に賞が贈られます。

クウネル賞に選ばれたのは、エントリーNo.8 宮崎県グラン・セノーテ 桑畑泰子さん(64歳)です!

つづいて、婦人公論賞に選ばれたのは、エントリーNo.9 千葉県マリーアンロイス 東中尾優子さん(44歳)です!

いよいよ、リセラクィーン3賞の発表です。
リセラクィーン パールプライズに選ばれたのは、エントリーNo.4 大阪府アフェクション 出原加奈子さん(38歳)です!

出原さんには、ダイヤをイメージしたトロフィーが贈呈されました。
また、リセラクィーンの皆様には、緑の魔術師とも評される庭園デザイナー 石原和幸氏が、受賞者のイメージに合わせて即興で作られた花束が贈呈されます。

つづいて、リセラクィーン サファイアプライズに選ばれたのは、エントリーNo.6 兵庫県サロン・ド・ボヌール 井上好子さん(67歳)です!
美しいフランス人モデルにエスコートされ、表彰されました。

井上さんにも、同じくトロフィーと花束が贈呈されました。

最後に、栄えあるトップオブリセラクィーン ダイヤモンドプライズに選ばれたのは、エントリーNo.10 岐阜県キレイ処 後藤晴美さん(41歳)です!後藤さんには、リセラ金券50万円と海外旅行、トロフィーが贈呈されました。

現在42歳で高校の教師をされている後藤さんですが、あまりの若々しさに
何度も生徒と間違われるほど。生徒さんと並んでいるお写真も、まるで同年代の友人のように、溶け込んでいらっしゃいました。
「ADSでお手入れするのは、呼吸をするのと同じこと」と、特別なことではなく生活の一部となっているというお話が印象的でした。

そして、担当エステティシャンのキレイ処 伏見嘉洋先生より力強いお言葉がありました。
「安全な製品と技術で、40代の人が10代に間違われるほど若返る。そんな非常識と思われていることが、今目の前にいる後藤さんのように、現実で起こっています。非常識を常識に変える、それは必ず実現できる、そう確信しています。」と。

今回、5名の方が受賞されましたが、出場者一人一人にストーリーがあり、それは決して優劣をつけられるものではありません。
今回応募も数多くある中から、選ばれた出場者10名の方全員が「美の伝道師」とし、『リセラユニバース2016』の称号と共に表彰を、一人一人城嶋より致しました。

最後に、出場者と担当エステティシャンとで記念撮影をして、第一部が幕を閉じました。

二部の「サンクスパーティー」は、スピリチュアリスト江原啓之さんのご挨拶でスタートしました。司会は、サロンサポート事業部の藤田さんです!

魚住さんからのリセラ製品に対する熱いメッセージもいただき、

専務取締役 奥迫加代子による乾杯のあいさつで歓談スタートです。

受賞の喜びや感動を分かち合いながら、皆さま歓談とお食事を楽しんでおられました。

肌に悩みをもった女性が、エステティシャンと二人三脚で歩まれたストーリーは、来場者に感動を勇気を与えてくださいました。
まだまだドクターリセラを知らない、肌で悩める女性に、少しでも多くこの感動をお伝えし、幸せの輪が広がるよう努めてまいります。セールスプロモーション係 平地絵菜