ビューティースキル研修第4回が開催されました。

2017年9月13日

本研修では新入社員を対象に肌スキル・メイクスキル・マナースキルの3つのスキル習得を目指しています。

肌スキル

今回の肌スキルでは美容機器を使ったサロンケアの必要性と効果を実際に使用しながら学びました。

今まで施術される側としてケアを受けたことはありましたが、施術する側の目線からは見たことがなかったのでとても貴重な経験でした。1つの過程を終えるごとに肌に触れたり、

半顔だけの施術を見ることで美容機器の使用前後の肌の明るさなど変化を実感することができました。

メイクスキル

メイクスキルでは、前回と同様にベースメイク・アイブロウの実習をおこないました。3回目となる今回、時間を意識してできるようになりましたが、スポンジを当てる力加減や動かす方向などの基本が疎かになりがちでした。次回は「早く」「綺麗に」そして「肌に負担をかけない」、お客様の立場を考えたメイク技術を丁寧に行うよう心がけて参ります。

マナースキル

マナースキルでは前日に参加した懇親会でのテーブルマナーを振り返りました。教えて頂いたナプキンの使用方法・カトラリーの使い方を実践を通して学ぶことができましたが、経験を積み重ねて確実に習得することが必要だと感じました。ドクターリセラ社員として、また一人の社会人として今後の生活の中の、どのような場面でも実践できるよう努めて参ります。

ビューティースキル研修では、自らの肌と向き合いながら改善を進めています。この改善期間は私たちにとって宝物になります。

これからも正しい知識や使用方法を学び、より多くの方へ伝えていけるよう学んだことをしっかり身に付け、成長へと繋げて参ります。

 

サロンサポート事業部2課 桜井 龍史