第7回フレッシャーズスクール

2017年12月18日

 

第7回フレッシャーズスクールが開講されました。

フレッシャーズ運営チームの増永です。

フレッシャーズスクールとは、新入社員を対象に社長から直々に教えていただける学びの場として「発表力」「係数力」「人間力」を磨き
「風通しの良い社風をつくること」・「幹部候補の育成」を目的として1年を通して研修を実施しています。

【今回の内容】

・グッド&ニュー
・課題図書発表
・日経新聞発表
・先輩社員からスケジュール管理の方法について
・第二期フレッシャーズスクール卒業生の新規事業プレゼンのポイント解説

日経新聞発表のポイントは記事の内容を自身の業務に落とし込んでより具体的に発表することにあります。
受講生はフレッシャーズスクール第一回目と比べると格段に業務に落とし込んで考えられており、記事の中から今後どのように活かしていくかをそれぞれがつかめたようでした。

このポイントは課題図書感想文も同様で、今回の課題である稲盛和夫さんの『働き方』からも業務に活かしていける部分を学んでくれました。

社長、副社長、先輩社員のフィードバックでは
より内容をよくするため「具体例を入れる」というアドバイスがありました。

また、第7回目の今回は先輩社員から、スケジュール管理の方法をお話いただきました。
まだまだスケジュールをどのように管理したらいいのか悩んでいる受講生は真剣な面持ちで、話に聞き入っていました。

さらに次回の新規事業の発表のために第二期フレッシャーズスクールで最優秀プレゼンだった「認定こども園」の照会と解説を先輩社員よりお話しました。

最後に社長のお話で「社長のスケジュール管理法」である情報の一本化についてもお話いただきました。
「メモをとったがどこにメモをしたか忘れてしまう」ということをなくすための工夫お教えいただき、受講生からは取り入れたい!という声があがりました。

今回はフレッシャーズスクール後に懇親会もありました。
懇親会では、来年の抱負を発表しながら美味しい料理をいただきました!

社会人としてより成長するため受講生は日々工夫を凝らして業務に取り組んでおります。
フレッシャーズスクールは残すところ2回となりましたが、卒業までにより成長してもらえるよう運営メンバーも取り組んでまいります。

サポートデスク
増永 龍