大切な[水]へのこだわり

ABOUT AQUAPHOTOMICS

アクアフォトミクスとは

ドクターリセラ株式会社は、神戸大学農学部農学研究科アクアフォトミクス研究分野
ツェンコヴァルミアナ特命教授との海洋深層水におけるアクアフォトミクスの共同研究を実施しています。

光を通して水の機能性を導く
水分子構造の特徴を映し出す
アクアフォトミクス

アクアフォトミクスとは、神戸大学農学研究科アクアフォトミクス研究分野 ツェンコヴァ ルミアナ特命教授によって提唱された、 水の役割を理解するための新しい科学で「アクア(水)」、「フォト(光)」、「オミクス(その全て)」を意味した言葉です。

従来、水の品質は水に溶け込んでいる成分を測り分析をしていました。

しかし、「アクアフォトミクス」では水分子そのものに着目し、電磁波のいろんな光を使い水と光の相互作用によって水に溶け込んでいる様々な物質によって水の分子構造変化と状態を読み解き、水分子システムの機能性を分かるようになりました。

水分子はネットワークを作り、水の分子同士は互いに繋がっています。そして様々な組み合わせを作っています。 その状態は他の分子からの影響を受け、周りの環境にも依存します。アクアフォトミクスという手法により、さまざまな要素の影響を受けた水分子のネットワークを分析できるのです。

人の健康、食品の安全、持続可能な開発、環境において、水は非常に貴重な資源であり生物学的および水溶液系における水の役割を理解するために非常に重要な研究で、 今まで考えつかなかったような水の可能性や働き役割、特徴などが数多く発見されています。

アクアフォトミクス
9つの水のキーワード

  • 水は絶えずバランスを整えている
  • 水には軸がある
  • 水は全てを繋げている
  • 水は物質及びエネルギーの鏡である
  • 月の光が宇宙の「いま」を水の構造に書き込んでいる
  • 水は循環している
  • 水の「構造」が「機能」を決める
  • 水は光によって蝶旋のように時を
    刻んでいる
  • 水は共鳴している

研究成果・実用例

●リアルタイムモニタリング
水質、細胞の識別、微生物の成長、ヨーグルトの発酵など
●病気診断
乳房炎症、紫外線によるDNA損傷、植物のストレスメカニズムや温度耐性など
●生体分析
パンダ、乳牛、オランウータンなどの受精のタイミングをピンポイントで特定するなど
●量子力学
温度変化による水コヒーレンスの観測

神戸大学 農学研究科 アクアフォトミクス研究分野

ツェンコヴァ ルミアナ 特命教授

神戸大学 農学研究科 特命教授/慶應義塾大学 医学部 
客員教授アクアフォトミクス提唱者/アクアフォトミクス国際学会創設者

ツェンコヴァ ルミアナ 特命教授

アクアフォトミクス提唱者/アクアフォトミクス国際学会創設者
ルセ工業大学(ブルガリア)にて工学修士号、モスクワ大学(ロシア)にて工学博士号、北海道大学にて農学博士号を取得。
現在、神戸大学農学研究科にて、アクアフォトミクス研究分野の特命教授。
近赤外線分光法を用いた生体診断、生体スペクトルをとおして分子レベルの水鏡現象(のちの水ミラーアプローチ)を発見。
その後「アクアフォトミクス」と呼ばれる新しい「オミクス」分野を提唱。

リセラウオーターの
アクアグラム

アクアグラム アクアグラム

アクアグラムとは、アクアフォトミクス理論に基づき、水のスペクトルデータ分析において、検出される各水分子構造に密接に関連する水の機能を表したグラフです。
リセラウォーターのアクアグラムは、様々な種類の水分子構造のバランスがよく、環境や身体への適応性が良好であることが示されました。

リセラウォーター
お問合せ