ホーム » 環境・社会貢献»生命・医療»WATOTO FURAHA×MAMAS PROJECT~子供×幸せ×未来~

Watoto WATOTO FURAHA×MAMAS PROJECT~子供×幸せ×未来~

~布ナプキンをケニアに届けるプロジェクト~

世界には生理が始まると学校に行けない女の子たちが沢山いることをご存知でしょうか?
人口の約48%が貧困層のケニアでは1パック約100円のナプキンが買えない方が多くいるそうです。
ケニアでは1日100円以下で生活している人たちが沢山いるそうで、10人に1人がナプキンを買えず、生理がくると学校に行けません。
その時期は古くなった布、 葉っぱ、 新聞紙を代用する等あるもので工夫をしているが衛生的にはとてもよくないのが現実だそうです。
学校が無償化になり、初等教育を受けれる子どもは増えましたが、休まず行くこと、また卒業するということは女の子にとって難しい現状です。

奥迫 協子と宗野 志帆さん

私たちはそのような現実を、宗野 志帆さんという女性から教えていただきました。

宗野 志帆さんはミュージシャンとしても活躍され、2014年にバックパッカーで世界を旅した時に発展途上国での孤児院の生活やシリア難民との交流、学校訪問などを行い その後、様々なプロジェクトを発足しボランティア活動を続けています。

宗野 志帆さんは、布ナプキンをケニアに届ける
watoto furaha×mamas project~子供×幸せ×未来~
という、活動をされています。

学校に行けることが特別な環境の女の子達が、
生理が来ても学校へ行けるような習慣作りや学校作りをし、
未来を選択できる女の子達が増えること
を目標としたプロジェクトです。

ドクターリセラでもケニアの女の子たちのために協力できることはないか考え、下記の活動行っております。
・布ナプキンを作るボランティア
・布ナプキンの元になる、タオルの寄付
・watoto furaha×mamas projectのHPとクラウドファンディングページにて奥迫協子からの応援メッセージを提供しております。
動画はこちらから
・布ナプキン作りのワークショップの開催
宗野 志帆さんに布ナプキンの作り方を教えて頂きリセラの社員が実際に作りました。


ケニアの女の子たちの現状を変えたい!と思われた方はご協力いただけますと幸いです。
https://www.makuake.com/project/watotofuraha/